So-net無料ブログ作成
検索選択

中国製のスリッパ [旅]

台風の中、帰ってきました。

台風で電車が止まることは覚悟していましたが、

まさかの人身事故で電車が運行中止。

1時間すぎて再開し、最寄駅まで帰ってくるも、

壊れた傘を直すのに必死で、家にたどり着けない。


でも、何とか帰ってこれました。

1人暮らしの我が家でも、Sweet Sweet Home.

ホッとしています。



話はかわり。

仕事場ではく上履きがほしい、とずっと思っていましたが、

多忙で買いに行く暇がなく。

先日、中国に行ったときに、余った元で、空港で、赤い、ちょっと中国っぽいスリッパを買いました。

.
そんなわけですので、私はこのスリッパに対して、たいした思い入れもないのですが、

職場での反応がちょっとおもしろかったので、

アップしておきます。

二人の女性に「それ、中国で買ってきたのですね!!」

って気づいてもらえました。


1人の人は、「かわいい~」との反応。

彼女にはよっぽど気に入ってもらえたのか、


2~3日後にも、同じコメントをいただきました。


そして、もう1人の人が、おもしろい。


「爆発するかもしれないので、気を付けてくださいね!!」

彼女いわく、

中国製のいすに男の子が座ったら爆発した、

という事故があったらしい。


なんと、リアクションしていいやら。


でも「どこか爆発物を仕込むところがあるかしら?」

と、少し気にはなりました。


北京から帰って、かれこれ3週間もたつのだなぁ。。。

またすぐにでも訪れたいと思う、今日この頃です。






nice!(1)  コメント(0) 

役立たずな週末 [旅]

この週末は、法事で田舎に帰りました。

土曜の夜、姉家族と合流した後は、姉のチビたちの相手で大変、大変。

なんで、あんなにうるさいんだろう、特に下の坊主。

あんなにうるさい子、友達の子どもで見たことない。

でも、岡田将生に似てる。


そして、私のために色々物をくれる。

「おばちゃんは、ぼくのものー」とかいってくれる。

まぁ、それなりにかわいい。


このチビ含む姉家族と回る寿司を食べて、温泉入ったら、

まだ8時前だというのに、ものすごい眠気がする。


そんで、結局、姉のチビ二人が、私と一緒に寝たいというから、

二人に囲まれて川の字になって寝ころがったところ、

チビ二人が騒いでいる間に私はどうやら先に寝てしまったみたい。


今思えば、この強烈な眠気が前兆だったよう。


法事当日。


明け方から急に寒気がする。さむい、さむい。

上からセーターを着て、布団の中でまるまってみるが、

とにかく寒い。


そして、チビ達が起きだして、騒ぎだすが、

熱っぽいし、肩とか腰とか普段こってる部分がものすごく痛い。あと、胃も痛い。


でも、田舎のなんちゃって別荘にいるので、体温計はなく、何度まで熱が上がったのかがわからない。

「朝ごはんだよー」と言われるまで粘るも、

起き上がる気力もなく、ギブアップ。

「おかーさん。本当にごめんけど。私、今日の法事は無理だわ。」


私に会うのを楽しみにしていた、90過ぎの少し痴呆症のおじーちゃん。

がんばって、法事に出たのに、私に会えなくて、涙流して帰ったという。

ごめんねぇ。。。


でも、その時の私には、そんなことより、こんな体ながらも、

東京に帰らねば!!」という気持ちで必死でした。


月曜はどうしても仕事を休めなかった。つらいよ、社会人

解熱剤を飲んで、なんとか、夕方の飛行機で東京に戻りました。



一体なんのために田舎に帰ったのかわからず、消失感を感じながらも、

帰宅後薬が切れてどんどん熱が上がっていくので、

またもやすぐに床につく。


ところが。


次の日目覚めると、なぜだか、異様に体が軽い。

なぜ?なぜ?この回復力は一体なに?


気持ちが悪いので、午前半休とって、病院に行ったところ、


原因は「ノロウイルス


そうそう。

金曜の夜に、牡蠣を3つも食べたのよ。


あの子が原因だったのねー。


働き過ぎて、体が疲れているのだとばっかり思っていたら、

食事ですかー。診断を受けて、思わず苦笑。


でも、下痢も嘔吐もまったくなかった。


そのせいか、今頃になっておなかがゴロゴロいっています。

ゴロゴロ・・・ゴロゴロ・・・


牡蠣にあたったのは、これで2回目です。



しかし、両親は、じじばばや、療養中のおばさんの欠席こそ心配していたものの、

まさか私が法事に欠席できないとは思わなかったらしい。

えー、えー、私もまさかこんなことになるとは思いませんでしたよ。

本当に申し訳なかった。

反省の証として、今後牡蠣はやめようと思います。

実はそんなに好きじゃないし。
nice!(1)  コメント(0) 

旅立ち前夜 [旅]

201111020241000.jpg

明日から北京[ひらめき]

仕事があんまりにも終わらないから、職場の近くにホテルを借りてみたけど、
ちゃんと終わった[ダッシュ(走り出すさま)]

ツインのシングルユース
ビジネスホテルだけど、
これで6千円なら安い[わーい(嬉しい顔)]


今度の北京滞在はどうなるかな???
nice!(1)  コメント(0) 

JTB CHINA [旅]

JTBって日本の超有名な旅行会社だよね!?

JTBって中国外資系として初めて、中国人向け海外旅行の認可が下りたことで有名だよね!?


今度の訪中で滞在するフートン、

最初は、JTB CHINAのサイトを介して、予約を申し込んでみたんだ。


でも、1週間たってもJTB CHINAからは返事なし。

JTB CHINAの「問い合わせ」サイトを介してメール出しても返事なし。

で、しびれきらして、

フートンのサイトからフートンに直接コンタクトとったら、

「JTB CHAINAなんて知らないよ?

直接でも予約受け付けるけど、そうしたら?」

っていわれたから、

フートンに直接予約入れたんだよね。


そうしたら。

初めてJTB CHINAのサイトから予約の申し込みを入れてから

2週間もたって、

やっっと、JTB CHINAから連絡きたよ。


2週間何やってたんだろうね。

日本のJTBじゃ考えられないよね。

メールをくれた担当者が中国人だったけど、

現地教育ができていないんじゃない!?


って思いました。


中国に進出した日本メーカーってなかなかうまくいっていないみたいだけど、

JTBも大丈夫なのかな!?


それとも、こうしたスローレスポンスは、

外国だったら「アリ」なのかもね。

日本人は、せっかちだから。
nice!(1)  コメント(0) 

富山にて [旅]

私の両親の田舎は富山

私も小学1年~6年までは富山に住んでいました。

両親が今年の夏は、富山の家で過ごすということだったので、

今年は富山の家に帰省しました。

週末でいったにもかかわらず、母方のじじばば、おじさんおばさんが集まってくださり、

お墓参りにも行って、なかなか充実しておりました。


一番良い経験だったのが、

母方ばばの妹さんのおうちに行ったこと。

母方ばばは、8人兄弟の3番目の長女で、この妹さんは末っ子。

母にとってはおばさんに当たるわけですが、年齢は3つ年上なだけという。

なんと、ひいばばが44歳で産んだ子!!
昔も高齢出産があったことに驚いたけど、これにまつわるエピソードにもさらに驚く。 
この年齢で出産なんてはずかしいからと、ひいばば自ら取り上げ、へその緒も自ら切ったそうです。
ばばがお手伝いして。
そして、出産の数日後には田んぼに出て畑仕事していたんですって。

すごいですね。昔の人って本当にたくましい[ぴかぴか(新しい)]

ちなみに、体を酷使しているようにもみえますが、
ひいばばは、長生きをし、確か米寿も迎えたのではないかと思います。
もちろん、すでに他界していますが。

妹さんのお話に戻ります。

この妹さん、田舎ですが富山の豪邸に住んでおりました。

おうちの周囲は田んぼに囲まれています。
DSC00024.JPG

立派なお庭。
DSC00056.JPG


ご主人が、茶道と華道の先生をされていることで、
家の中にはすてきなお花が生けてありました。

DSC00032.JPG

DSC00033.JPG

DSC00055.JPG


茶道も教えていただきましたが、
私がこの手の心得が全くない、ということが明らかで、
まったくはずかしい限りでした[あせあせ(飛び散る汗)]

せっかくよい経験をさせていただきましたので、
少し落ち着いたら、茶道を習いに行こうと思っています[ひらめき]
nice!(1)  コメント(0) 

回想(2) [旅]

1日だけ、同学4人で、朝の散歩をした。

景山公園(jingshan gongyuan)

IMG_1314.JPG

故宮(gugong)の北側にある人工の山。

山を人工で作っちゃうってすごい。

もと中国人の友人によれば、風水上、都の北側に山が必要だったらしい。


朝の景山公園には、

大声で発声練習をしているおじさんおばさんがたくさんいた。

大声を出すことが、中国人の健康の秘訣なのだろうか?


牡丹がたくさん咲いていたけれど、

手入れがされておらず、残念な咲きっぷり。

日本人ならきれいに手入れするだろうに、

自然のままに任せるのが中国流なのかも。



景山から見下ろす故宮は壮大。

IMG_1316.JPG


早朝の北京の町並みも美しい。

IMG_1318.JPG





nice!(1)  コメント(0) 

回想(1) [旅]

気がついたら、楽しかった北京滞在からちょうど1カ月。

まだ画像が全部アップできていなかったから、

まとめてアップしてみる。

IMG_1310.JPG

同学のおじさんと20代の女の子の3人で行った紅橋市場。

真珠販売店で有名らしい。


おじさんは、奥様へのお土産に真珠のネックレスを、

女の子は、自分用のネックレスと、お土産用のブレスレットとを

値切って買っていた。


私はそれを見ていただけ。


真珠のサイズはばらばらだし、

化繊の糸に通して、糸を縛っているだけだから、

値段切りかなぁーという感じ。


最初の値段から半額になってしまうのは、驚いたけど。


IMG_1309.JPG
nice!(1)  コメント(0) 

Wangfujing [旅]

歓迎会の後は、tongxue(クラスメート)とWangfujing(王府井)に行きました。

Wangfujingは、北京銀座と言われているところ。

海外のブティックなども並んでいます。

教会もありました。
IMG_1280.JPG

目的地は、xiaochijie(小吃街)。
IMG_1290.JPG

屋台通り、みたいなところでしょうか。

甘栗。
IMG_1285.JPG


グロテスクな食べ物たちも並んでいます。
IMG_1281.JPG

IMG_1287.JPG

IMG_1288.JPG
nice!(1)  コメント(0) 

Beijing kaoya [旅]

初日の夜は、学校主催の歓迎会で、北京ダック(Beijing kaoya)で有名な「全聚徳」に行きました。
IMG_1278.JPG


テーブルごとに、目の前で盛り付けをしてくれます。
IMG_1273.JPG


あひるのお皿のお肉を奥にある皮に巻いて食べます。
IMG_1277.JPG



youdianr youni(少し脂っこかった)です。。。


pijiu(ビール)は、少し黄色め。haoheでした(おいしかった)。
IMG_1276.JPG


前菜。
IMG_1274.JPG

手前は何かの心臓でした(確か、羊だったような・・・)

レバーぎらいの私ですが、おそるおそる食べてみたところ、

血の味はせず、弾力があってhaochiでした。


nice!(1)  コメント(0) 

帰国しました。 [旅]

無事に帰国しました。


今日は、写真を1枚だけアップします。

IMG_1343.JPG


Tiananmen。

ベタですが。
nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。